WordsWeaver
連絡帳

『偽装の結婚』第一部第一章加筆修正&第二部進捗

2013-12-13 00:36

 加筆修正ばかりですみません……_| ̄|∑∵:'、-=≡○

 やばすぎるミスが見つかってしまったので修正しました。

 冒頭、油や蝋燭の説明のあたりです。

 それから、少し説明不足のところを2文ほど追加。

 これでもう直すところは無い……と信じたいです(;´ω`)

 これだけではなんですので、第二部第四章の進捗情報をば。

 今のところ原稿用紙換算で70枚前後、文字数にして20000文字越えたところです。

 第四章はテルマエ・ディブロスというべき内容になっていまして、もうちょっと南方なら温泉出せたなあとか思っています。

 第一部の初期原稿の時点でお風呂の話は書くつもりだったんですが、驚いたことにあれからもう7年も経つんですね_| ̄|∑∵:'、-=≡○

 それでその間にお風呂を題材にした歴史的名作マンガが出現したもので、なんというか、どうしても意識してしまいますよね(;´ω`)

 同様に、某メイドマンガの巨匠が、中央アジアを題材にしたこれまた名作を描いていらっしゃる。

 こちらは時代背景が違うので直接被ってくることはないでしょうが、まあなんというか、書きたい物があったら急いで書けという神仏の御教えではないかと。

 基本的には題材が似た時は、逆転させるような感じで書くんですが……コナンに対するエルリックみたいな感じですね。汲めども尽きせぬ我がお風呂愛は如何ともし難く、このような結果に相成りました。

 現在は延々と親父達の入浴シーンを書いています。

 話の切りで章を変えるというオーソドックスな手法で書いているので、長さにばらつきが出るのは仕方ないんですが、それにしても第二章が短すぎますね(汗)

 イシュタトとザハトを中心にした話は、今回第二部の重要な部分なのでもっと書くべき事があるんですよ。

 場合によっては後の方で書く予定だった分を足して、第二章は大幅書き足しになるかも知れません。

 とにかく待って下さっている皆様、すみません。今急いで第二部書いてます。死ななければ来年には完成する……はずです。

 やたら長い第四章ですが、もう少しで終わる……と信じたいです(;´ω`)

 

過去ログ

Copyright © 1999 - 2016 琴乃つむぎ(Tsumugi Kotono) / WordsWeaver